リーガ レアル・マドリード

ウズベキスタンにも、レアル・アカデミーが誕生!

写真提供: Gettyimages

 スペインリーグの強豪レアル・マドリードが設立した財団によるサッカースクール「レアルマドリード・ファンデーション・フットボールスクール」が、世界に広がりはじめている。また新たなアカデミーが、ウズベキスタンのサマルカンド州に開かれることが決定した。中央アジア専門ニュースサイト『アキ・プレス』が報じている。

 現在、日本では「レアルマドリード・ファンデーション・フットボールスクール・ジャパン」として沖縄、愛知、千葉、東京、横浜、埼玉、宮崎、7つの拠点にて将来活躍する選手を育成中。ここまで日本の他には、シンガポール、エジプト、ドミニカ共和国において展開されてきた。

 ウズベキスタンとの契約はスペインにあるウズベキスタン大使館の協力を得て、11月22日〜23日に行われたサマルカンド州のイベントで結ばれたという。同イベントには日本、中国、アメリカ含む31カ国から310を越える企業が参加しており、ウズベキスタンだけではなく、更なる新しい国への進出の可能性もある。

 ウズベキスタンはフィジカルの強さで有名な国だ。将来的に久保建英のようにレアル・マドリードの期待の星になるウズベキスタン選手が誕生しても不思議はない。