プレミアリーグ リバプール

リバプール、ムバッペ獲得のためサラー、フィルミーノ、マネの1人を手放す可能性?

キリアン・ムバッペ 写真提供: Gettyimages

 プレミアリーグ2019/20シーズンの王者となったリバプールは、パリ・サンジェルマン(PSG)所属のフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得を前向きに検討しているようだ。伊メディア『イル・ポスティチポ』が報じている。

 現時点でムバッペの次の移籍先はレアル・マドリードとなる可能性が高いが、リバプールは同チームのオファーを超える金額を準備している模様。一方、オファーを準備するためにリバプールは2023年に契約満了となるエジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネ、そしてブラジル代表FWロベルト・フィルミーノのうち1名を早い段階で売却することを検討しているという。

 同メディアは、リバプールが若手FWディオゴ・ジョッタを獲得したことにより、3人ともの契約更新は難しくなったとみているようだ。また、早い段階で1人のフォワードを手放すことでまだ21歳であるムバッペを獲得し、前線の年齢平均を下げることができるとしている。

 ここではムバッペのPSGでの初日を振りかえろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧