その他 日本代表

日本代表監督就任の噂もあったクリンスマン氏、複数オファー拒否認める

ユルゲン・クリンスマン氏 写真提供:Getty Images

 元ドイツ代表指揮官のユルゲン・クリンスマン氏がロシア・ワールドカップを前にいくつかのオファーを断っていたことを明かした。ドイツ紙『ビルト』が報じている。

 クリンスマン氏は過去にドイツ代表やアメリカ代表を指揮。2006年にドイツで開催されたワールドカップではドイツ代表を3位に導き、2014年のワールドカップ・ブラジル大会ではアメリカ代表をベスト16に導いた。

 同紙によると、そんなクリンスマン氏は「ロシアワールドカップの前にも、4~5チームから打診があった」と複数オファーがあったことを明言。続けて「だけど、彼らの目標はグループステージを生き残ることが目標だったので、断ることにした。2014年にアメリカ代表で達成したことだ。今の私にとって十分な目標ではない。戻るとしたら、ワールドカップの準決勝に進むことを目標としているような協会だ」とそのオファーをすべて断っていたこと明言した。