リーガ バルセロナ

バルサ、U-17日本代表の西川潤を注視?

西川潤 写真提供: Gettyimages

 バルセロナはU-17日本代表FW西川潤に注目しているようだ。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

 現在ブラジルで行われているU-17ワールドカップ(W杯)。日本代表は2大会連続でベスト16入りを達成。中でも注目を集めているのが、セレッソ大阪への入団だ内定している西川だ。ただ、同選手にはバルセロナも注目しているようだ。

 報道によると下部組織でプレーするホセ・マルティネスやイライシュ・モリバに加えて、バルセロナは西川とセネガル代表MFパペ・サールに注目しているようだ。

『ムンド・デポルティーボ』は「バルセロナは西川に今夏から注目しており、同選手とセレッソ大阪に接触している」と報道。獲得に向けて具体的な行動をとっているようだ。

 国際的な移籍が許可される18歳になるまであと1年を切っている西川。今後の動向に注目だ。