ブンデスリーガ リーガ

欧州サッカー、今季“注目選手”は誰だ。得点王、アシスト王、パス王…2016/2017“スタッツ”キングをおさらい【TRIEB SCOUT】

アシスト王

エミル・フォルスベリ 写真提供:Getty Images

ウスマン・デンベレ 写真提供:Getty Images

1位(19):エミル・フォルスベリ(RBライプツィヒ)
2位(18):ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)
3位(15):クリスティアン・エリクセン(トッテナム)
4位(13):ギルフィ・シグルズソン(スウォンジー)
4位(13):ルイス・スアレス(バルセロナ)
6位(12):セスク・ファブレガス(チェルシー)
6位(12):ホセ・カジェホン(ナポリ)
6位(12):ウスマン・デンベレ(ボルシア・ドルトムント)
6位(12):トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
6位(12):トニ・クロース(レアル・マドリード)

 今季最も注目を集めるチームでもあるRBライプツィヒの司令塔を務めるのがエミル・フォルスベリだ。ミランを始めとした数々のクラブが獲得を狙ったものの、レッドブルを背後に持つRBライプツィヒは断固放出を拒否。チャンピオンズリーグ(CL)に出場する同クラブ残留に向かっている。

 また、香川真司が所属するボルシア・ドルトムントのウスマン・デンベレにも目が離せない。こちらもビッグクラブがこぞって獲得を狙っているが、残留に向かっている。同選手は昨季公式戦10ゴール21アシストという素晴らしいシーズンを過ごした。今季も活躍を継続できるのか注目が集まっている。

ページ 2 / 7