リーガ バルセロナ

リバウド、デンベレに絶望…「バルサのために何もしてない」

ウスマン・デンベレ 写真提供: Gettyimages

 バルセロナのレジェンドである元ブラジル代表FWリバウドが、同クラブに所属しているフランス代表FWウスマン・デンベレについて言及し、同選手を低く評価していることを明らかにしたようだ。伊メディア『イル・ポスティチポ』が報じている。

 リバウドはデンベレについて「このクラブのために何もやらなかった。トレーニングには遅刻するし、怪我ばかりするし…もっと責任を感じなければならないね。自分のやるべきことを果たせばバルセロナに残る権利があるが、そうではない。このクラブは彼にかなりの金額をかけたが、恩返しが全くない。これからクーマン監督にはどんな言い訳をするだろう。ボルシア・ドルトムントの選手だった時のプレーは嘘のようだ」と絶望を隠せない様子でコメントを残した。

 なお、デンベレは移籍を希望し、マンチェスター・ユナイテッドは同選手に興味を示していたという。しかし、デンベレが希望している移籍先はユベントスのようだ。

 ここではデンベレのバルセロナでのベストシーンを振りかえろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧