その他

2つのクラブで伝説的なキャリアを築いた5選手。クライフ、ピルロ、ジダン…

写真提供: Gettyimages

サッカー選手は所属クラブのサポーターに愛されることもあれば、批判の対象となることもある。勝利に貢献するパフォーマンスを見せ、1つのクラブに貢献し続ける忠誠心を持った選手はクラブの象徴として称えられ続けることも少なくない。

現サッカー界において、クラブの象徴となった選手の代表的な例がリオネル・メッシだろう。バルセロナにとって欠かせない大黒柱であり、キャリアのすべてをバルセロナに捧げてきた。サポーターからの支持は絶大だ。

しかし、サッカー界には複数クラブでプレーしながら、伝説的なキャリアを築いてきた選手たちがいる。今回は、そんな規格外な5選手をご紹介する。


写真提供:Gettyimages

ヨハン・クライフ

クライフはアヤックス・アムステルダムとバルセロナの2クラブで、象徴的な選手となった。16歳でアヤックスのトップチームと契約したクライフは順調に成長を遂げ、19歳の時にはリヌス・ミケルス監督が率いるチームに欠かせない選手となっていた。1973年までアヤックスでプレーしているが、その間に主力として6度のリーグ優勝を成し遂げている。

そのクライフは、1973年にバルセロナへと移籍。バルセロナが掲げた「クラブ以上の存在」というスローガンの下、フランシスコ・フランコの独裁体制に嫌気がさしていたバルセロナ市民の希望の光となった。移籍初年度には、リーグタイトルも獲得している。


写真提供:Gettyimages

エドビン・ファン・デル・サール

ファン・デル・サールも、クライフと同じくオランダの名門アヤックスでプロデビューを果たした選手だ。アヤックスでは守護神としてチャンピオンズリーグ決勝でミランを撃破。ビッグタイトルを手にしたことで、世界的な評価を得ることができた。ちなみに、現在はアヤックスのCEOを務めている。

その後、ユベントスに移籍したファン・デル・サールだが、イタリアでは思うような活躍ができずに2年で退団。4年間フラムでプレーしたのちに、2005年にマンチェスター・ユナイテッドへ加入した。

フラムで輝きを取り戻したファン・デル・サールは、ユナイテッドでも不動の守護神として君臨した。当時としてはモダンなスタイルを武器に、引退する2011/2012まで安定したパフォーマンスを披露。クラブを代表する守護神の1人として歴史に名を刻んでいる。


Previous
ページ 1 / 2