CL/EL チャンピオンズリーグ

自身は?メッシは?Cロナが選んだ、CLベストスカッド!

リバプールの6度目の優勝で幕を閉じたチャンピオンズリーグ(CL)。今年も数多くのドラマや名シーンが生まれた。そんなCLをユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも振り返っている。今回は、彼が選んだCLのベストイレブンをご紹介する。


GK

アリソン・ベッカー(リバプール)、テア・シュテーゲン(バルセロナ)

GKには今シーズン安定感抜群のアリソンとシュテーゲンを選んだC・ロナウド。アリソンはCL決勝でも冷静な判断でクリーンシートを達成している。


DF

フィルジル・ファン・ダイク(リバプール)、マタイス・デリフト(アヤックス)、ヤン・フェルトンゲン(トッテナム)、トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)、アンドリュー・ロバートソン(リバプール)

ディフェンス陣には優勝したリバプールのメンバーを中心に、世界中から注目を集めるデ・リフトとトッテナムのフェルトンゲンが選ばれた。


MF

ムサ・シソコ(トッテナム)、ハキム・ツィエク(アヤックス)、ケビン・デ・ブライネ(マンC)、フレンキー・デ・ヨング(アヤックス)、タンギ・エンドンベレ(リヨン)、ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール)

中盤にはアヤックスの2選手の名前が。C・ロナウドの目から見ても、ツィエクとデ・ヨングの活躍は印象的だったようだ。


FW

ダビド・ネレス(アヤックス)、ラヒーム・スターリング(マンC)、リオネル・メッシ(バルセロナ)、ドゥシャン・タディッチ(アヤックス)、サディオ・マネ(リバプール)、ルーカス・モウラ(トッテナム)、クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)

やはりフォワード陣には自身の名前が。ただ、セリエAからは全ポジションを通して、C・ロナウドのみとなった。リオネル・メッシやルーカス・モウラなど、印象的な活躍をみせた選手が選ばれている中、アヤックス攻撃陣をけん引したタディッチも選ばれている。