セリエA ミラン

来季CL出場狙うミラン、ブラジル代表10番が早期復帰へ意欲

ミランのルーカス・パケタ 写真提供:GettyImages

 ミランのブラジル代表MFルーカス・パケタが復帰に向けて本格的なトレーニングを再開しているようだ。現地時間11日、イタリアメディア『フットボール・イタリア』が伝えている。

 パケタは3月の代表ウィークでブラジル代表に選出されると「10」番をつけてプレーし、代表初ゴールをマークするなど周囲から今後のさらなる飛躍を期待される逸材として注目を集めていた。

 しかし代表ウィーク明けの2日に行われたセリエA第30節・ウディネーゼ戦で元スイス代表MFバロン・ベーラミから激しいタックルを受けた際に右足首を負傷し、前半終了間際での交代を余儀なくされていた。

 ただパケタは負傷してからまだ2週間も経っていないにも関わらず、自身のランニングする姿をSNSに投稿しており、早期復帰に向けてコンディション回復を行っているようだ。

 なおジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は同選手の離脱期間は約1カ月と想定しているが、ミランからパケタに関する公式声明は発表されていない。それでも来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権をかけて重要な試合が続くだけに、本人は1試合でも早く復帰したいと思っていることだろう。