リーガ アトレティコ・マドリード

アトレティコ、リヨンからFWデンベレをレンタルで獲得!42億円による買取OPも

ムサ・デンベレ 写真提供: Gettyimages

 アトレティコ・マドリードは13日、オリンピック・リヨンからFWムサ・デンベレを今年6月までの契約期間によるレンタルで獲得したことを公式発表している。

 デンベレは2018年夏にスコットランドの強豪セルティックからリヨンに加入。昨季は公式戦46試合に出場し24ゴールをマークしたほか、主力としてUEFAチャンピオンズリーグ・ベスト4入りに大きく貢献している。しかし今季はここまで公式戦わずか6試合の先発出場にとどまっており、昨年12月下旬に負傷離脱している。

 一方、アトレティコは昨年末にスペイン代表FWジエゴ・コスタが退団したことにより今冬のマーケットでは同選手の後釜確保が急務となっていた。また、ナポリで構想外となっているポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクの獲得オファーを提示したものの、却下されたことからデンベレをターゲットを切り替えた格好となっている。

 アトレティコはデンベレ獲得において、レンタル料としてリヨンに150万ユーロ(約1億9000万円)を支払う。また、この取引には3350万ユーロ(約42億円)による買い取りオプションが付帯されているほか、500万ユーロ(約6億3000万円)のボーナスも契約内容に盛り込まれているようだ。