その他

スペインでの経験を日本で還元!エスパニョール東京アカデミー山田氏に迫る

写真提供: エスパニョール東京

スペイン流のサッカーを学ぶことができるラ・リーガRCDエスパニョールのサッカースクール「RCDエスパニョールジャパンアカデミー」。今回フットボール・トライブは東京台場校を訪問し、トレーニングを取材した。

同校では、現地のエスパニョールからコーチが来日して直接指導を受けられる予定だが、現在はスペインから日本への入国が可能になるまで延期の状況だ。サッカーは身体だけではなく頭(脳)を使うスポーツという理念の元、判断力や頭を使うことが求められるトレーニングを見学。複雑で難しいものもあったが、子ども達からは集中して楽しんでいる様子が伺えた。

メインコーチを務める山田大氏は、実際にスペインでサッカーを学びながら指導者ライセンスを取得。自身の経歴や育成方法について話を伺った。練習を終えた子供達へのインタビューも合わせてお楽しみください。


山田大氏インタビュー:高校時代までは選手としてプレーに没頭

まずはサッカーを始めたきっかけを教えてください。

父がサッカーが好きだったこともあり、物心ついたころにはサッカーをしていました。父がロンドンに住んでいたことがあり、マンチェスター・ユナイテッドを応援していました。

その後、高校までサッカーを続け、慶應義塾大学でスペイン語を選考されるわけですが、スペイン語を専攻されたきっかけを教えてください。

高校まではずっと本気でサッカーをやっていたため「本気のサッカーからは一度離れよう」と考えていました。慶應義塾大学に進学し、スペイン語を専攻したのはスペインリーグを良く見ていたことと「いつかスペインに住みたい」と思ったからです。

サラリーマンを辞め、スペインへ留学!指導者ライセンスも取得

その後は愛知県で就職し、6年間勤務した後に指導者を目指し、スペインへ留学されたのですね。

愛知で仕事をしている時に「このままでは東京に帰ってこれなそう」と思っていました。サッカーは趣味にしていたのですが、これまで本気でプレーしてきたので、サッカーを軸にしたいと思って、スペインへ留学する決断をしました。

6年続けていた仕事を辞めて、スペインに行くのは簡単な決断ではなかったと思いますが、迷いはありましたか?

大きな決断ではありましたが、行かないと後悔すると思っていたので、覚悟はできていました。

スペインに留学してからはどのようなことをされていたのですか?

スペインではCEエウロパ(現在4部相当)で試合分析やスカウトなどを担当していました。そこで学びながら、カタルーニャサッカー協会の指導者ライセンスレベル1、2も取得しました。

Previous
ページ 1 / 3