リーガ バルセロナ

レバンテに敗戦のコウチーニョ、無敗優勝を逃し失望

フィリペ・コウチーニョ 写真提供:Getty Images

 バルセロナのブラジル代表FWフィリペ・コウチーニョは、無敗優勝を逃し失望しているようだ。

 バルセロナは日本時間14日未明に行われたラ・リーガ第37節・レバンテ戦で後半の驚異の追い上げを見せたものの、4-5で敗れた。コウチーニョは彼とチームメイトが失望していることを明かしている。

「無敗優勝で終えたかったから、僕たちは少し失望しているよ。今日の試合は難しい試合だった。彼らはとても強かったし、勝利に値した」

「でもそのまで落ち込んでいるわけではない。僕たちの目標はチャンピオンになることだったからね」