プレミアリーグ トッテナム

アニキ的存在!トッテナムDFエリック・ダイアーのハートフルなエピソード3選

トッテナムDFエリック・ダイアー 写真提供:Gettyimages

プレミアリーグ、トッテナム・ホットスパーに所属するDFエリック・ダイアー。かつて同クラブを率いたマウリシオ・ポチェッティーノ監督に激しさを求められるフットボールを表現していく中で実力を発揮し、イングランド代表に選出されるまで上り詰めた。当時はボランチでの出場機会が多かったが、現在はDFとしてトッテナムの最終ラインを支えている。

そんなダイアーだが、見た目からも分かるように「アニキ的存在」としても親しまれていること、また実はリバプールファンに好かれている背景などはご存知だろうか。ダイアーにまつわるハートフルなエピソードを3つご紹介したい。


エリック・ダイアー 写真提供:Gettyimages

ピッチ外のアクシデントに冷静に対応

2021年10月18日プレミアリーグ第8節、ニューカッスル対トッテナム。ニューカッスルの新オーナーがクラブ買収後セント・ジェームズ・パークに初めて顔を出したこの試合で、スタンドにいた観客が突然倒れ試合が一時中断される事態が起こった。

トッテナムDFセルヒオ・レギロンがいち早くスタンドの一部始終を主審に報告。スタジアムが騒然となる中、ダイアーはピッチ外にいるスタッフに自動体外式除細動器(AED)を持ち込むよう働きかけ、スタッフは倒れた観客の元へピッチを横断しながら向かった。

彼らの適切な行動が功を奏し、スタンドで倒れた観客は見事に意識を取り戻した。周囲への配慮を忘れないレギロンやダイアー含め、ピッチにいたメンバー全員に賛辞の声が上がっている。

Previous
ページ 1 / 2

名前:秕タクオ

国籍:日本
趣味:サッカー、UNO、100均巡り
好きなチーム:プレミアリーグクラブ、Jリーグでは京都サンガ応援してます。

サッカー観戦が日課のしがないサラリーマンです。かれこれ人生の半分以上はサッカー観戦に明け暮れ、週末にはキルケニー片手にプレミアリーグやJリーグにかじりついています。最近上司がメイソン・マウントにハマり、その影響かチェルシーが好きになりそうな自分がいます。

筆者記事一覧