日本代表・海外組 海外日本人選手

香川真司、4クラブが獲得に動き出す

香川真司 写真提供: Gettyimages

 レアル・サラゴサ所属の日本代表MF香川真司の、移籍の可能性が高まっているようだ。イタリアの『TuttoMercatoWeb』が報じている。

 日本代表MFに目をつけたのはサウジアラビアのアル・ヒラルとアル・ナスル、そしてカタールのアル・ライアン、アル・ガラファのようだが、香川が中東への移籍を検討しているかどうは明らかとなっていない。

 なお、サラゴサは香川の移籍を希望しているようだ。クラブは1部昇格を逃した上、新型コロナウイルスの影響によって財政的な問題を抱えていると言われている。そのためサラリーの高い香川をマーケットに出し、財源の確保に努めるようだ。

 ここではコパ・デル・レイ2019/20シーズンの香川のベストシーンを振りかえろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧