日本代表 Jリーグ

日本代表戦後こそのJリーグ観戦のススメ

写真提供:Gettyimages

サッカー日本代表が出場を目指す、2022FIFAワールドカップカタール(カタールW杯)。最後の関門、10月に予定されていたアジア最終予選の2試合が終了して(サウジアラビア戦0-1、オーストラリア戦2-1)約1週間が経過した。

アジア最終予選A・B各グループのそれぞれ2位までがW杯本大会の出場権を得られ、3位はプレーオフ進出となるなか、Bグループを戦う日本は10試合中4試合を終えて現在4位。依然厳しい状況は続くものの、気迫溢れる戦いを見せてくれたオーストラリア戦(10月12日)の記憶がまだまだ鮮明な方も多いのではないだろうか。

一方、先週末(10月16、17日)から、日本代表の活動期間は中断していた明治安田生命J1リーグが再開。J2リーグ、J3リーグを含め、いよいよ2021シーズンの佳境を迎えている。

スタジアムに行ったことがない方はぜひ一度、現地に試合を観に行ってみてほしい。現在、47都道府県のうち40都道府県にJリーグのクラブが存在しており、残りの7県にもJリーグを目指すクラブが存在している。あなたの身近に必ずクラブがあるのだ。「日本代表みたいに知っている選手がいないから」と考える方もいるだろうが、本当にそうだろうか。その日本代表でいえば、サウジアラビア戦、オーストラリア戦のメンバー22人のうち4人はJ1でプレーしている選手だった。


権田修一 写真提供:Gettyimages

Jリーグでプレーする日本代表選手

サウジアラビア戦、オーストラリア戦の代表戦2試合で共に守護神としてゴールを守ったGKの権田修一(32)。彼が所属しているのは、静岡県静岡市にホームタウンを置く清水エスパルスである。現在、チームは20チーム中15位とJ1残留争いに巻き込まれているが、権田は非常に安定したパフォーマンスを見せている。

同じく最終予選の2試合に出場。右SBとして堅実なプレーをみせた酒井宏樹(31)が所属するのは、埼玉県さいたま市にホームタウンを置く浦和レッズ。現在好調なチームは5位に付けており、酒井は圧巻の働きで右サイドを支配している。また、本拠地の埼玉スタジアム2002はオーストラリア戦でも使用された、日本屈指のサッカー専用スタジアムだ。

酒井と共にSBを担い、オーストラリア戦では積極的な上下動を繰り返した左SBの長友佑都(35)が所属するのがその名の通り東京都にホームタウンを置くFC東京。現在20チーム中9位とまずまずの位置につけており、この夏に加入したばかりの長友も左SBの定位置を確保している。

大迫勇也 写真提供:Gettyimages

代表戦2試合共に最前線で身体を張り続け、ゴールこそなかったものの何度も好機に絡んだ大迫勇也(31)が所属するのが兵庫県神戸市にホームタウンを置くヴィッセル神戸。残念ながら大迫はオーストラリア戦で負傷してしまったが、それでも元日本代表の武藤嘉紀と元スペイン代表のボージャン・クルキッチが2トップを形成しており、またトップ下には元スペイン代表のアンドレス・イニエスタ(37)が君臨。その他にも元日本代表の酒井高徳(30)、元バルセロナのセルジ・サンペール(26)らが所属している。チームも20チーム中3位と、3位以内のクラブが得られるACL(AFCアジアチャンピオンズリーグ)出場権獲得の現実味が増している。

10月の2試合において出場機会はなかったものの、東京オリンピックのサッカー日本代表において正GKを務めた谷晃生(20)が所属するのは神奈川県の平塚市ら9市11町をホームタウンとする湘南ベルマーレ。20チーム中17位と残留争い真っ只中だが、谷は最後の砦として好セーブを連発している。

Previous
ページ 1 / 2

名前椎葉 洋平
趣味:サッカー観戦、読書、音楽鑑賞
好きなチーム:アビスパ福岡、Jリーグ全般、日本のサッカークラブ全般

福岡の地から日本サッカー界を少しでも盛り上げられるよう、真摯に精一杯頑張ります。

筆者記事一覧