日本代表・海外組 海外日本人選手

長友佑都、チェゼーナ歴代左SBベスト4入り

長友佑都 写真提供: Gettyimages

 現在イタリアのセリエCに所属しているチェゼーナは、公式SNSで歴代ベストXIを選ぶ企画を開始した。その中、左サイドバック(SB)の1人としてベスト4にノミネートされたのは現在オリンピック・マルセイユに所属している日本時代表DF長友佑都だ。

 チェゼーナのサッカーに詳しいスポーツ記者は各ポジションに4人のプレイヤーをノミネート。その中からサポーターは最強の11人を選ぶこととなっている。長友はチェゼーナでプレーしたのはわずかの6ヶ月だったにもかかわらず、記者から左SBベスト4に選ばれたことが話題となっている。

 長友以外にノミネートされたのはパオロ・アモニアチ、マウリツィオ・ラウロ、そしてフランチェスコ・レンツェッティだったが、サポーターが最強の左SBに選んだのは2006年から2012年にかけてチェゼーナを支えていたラウロとなったようだ。

 ここでは長友のインテル時代(2011-2018)のベストシーンを振りかえろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧