日本代表・海外組 海外日本人選手

マインツSD、武藤嘉紀の移籍噂を否定…

武藤嘉紀 写真提供: Gettyimages

 マインツのSD(スポーツディレクター)を務めているルーウェン・シュレーダー氏が、ニューカッスル・ユナイテッドの日本代表FW武藤嘉紀の獲得に関する噂を否定した。ブンデスリーガ専門の英メディア『bulinews.com』が報じる。

 シュレーダーSDは2日ほど前から噂されている武藤のドイツへの移籍ニュースに対して「武藤は評価すべき選手で人格も素晴らしいと思います。しかし、我々は彼の獲得を検討していないですね。彼のコンディションが問題ではない。我々の攻撃陣のクオリティを考えた上、検討していないだけです」とコメントした。

 マインツが武藤の移籍噂を否定した今、同選手の獲得に動いていると言われているブンデスリーガのクラブはケルン、アウクスブルク、アルミニア・ビーレフェルトの3つとなる。

 武藤はニューカッスルから離れ、2020/21シーズンを別のクラブでプレーし再び復活することができるのだろうか。

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧