Jリーグ ジェフユナイテッド市原・千葉

ジェフ千葉DFジェイソン・ゲリア、独占インタビュー。母国オーストラリアの森林火災問題を語る

ジェイソン・ゲリア 写真提供: ©JEFUNITED

2018年からJ2リーグ、ジェフユナイテッド市原・千葉で活躍するDFジェイソン・ゲリア。

彼はオーストラリアの首都キャンベラで生まれ、地元クラブでサッカーを始めた。「オーストラリア国立スポーツ研究所」を卒業後、Aリーグ(オーストラリアプロサッカーリーグ)ブリスベン・ロアーのユースへ移籍。2013年からはアンジェ・ポステコグルー監督(現在横浜F・マリノス)率いるメルボルン・ビクトリーでプレーし、2015年にはメルボルンのAリーグ優勝とFFAカップ優勝にも貢献している。さらにはオーストラリアU-20・U-23代表チームにも選ばれてきた選手だ。

昨今は、新型コロナウイルスの影響が世界中で深刻化しているが、ゲリアの母国オーストラリアでは、2019年7月頃に発生し約8ヶ月240日以上続いた大規模森林火災も大問題となってきた。

今回はオーストラリアの森林火災問題を中心に、ジェイソン・ゲリアに独占インタビュー。次々と起こる世界を脅かす大問題を前に、我々にできること、サッカーにできることは何だろうか。聞き手は、ダビデ・ウッケッドゥです。

オーストラリアの大規模森林火災の発生時は、どんな状況でしたか?

森林火災のことは日本でニュースを通じて知りました。すぐ母国にいる両親や友人にも連絡し、細かく状況を尋ねましたね。オーストラリアではほぼ毎年森林火災が発生してますが、いつもよりかなりひどい状況と聞き、インターネットやテレビの情報を常に流していました。結果的に今回のオーストラリアへのダメージは本当に大きいものになってしまいました。(※類焼面積18万平方km以上、被害建築物6,500棟以上、死者30名以上、犠牲動物10億頭以上と推定されている)

数え切れないほどの動物が命を失い、追い詰められた人もたくさんいましたね。

本当に悲しいです。コアラやこの国にしかない多くの動物が命を失ったことは、オーストラリアにとって大きな損失です。また、動物以外にも様々な人たちが影響を受けました。ビジネスがダメになった経営者もいるし、本当に全てを失ったたくさんの犠牲者がいます。誰にも抑えられなかったどうしようもない状況です。毎日ニュースでたくさんの生き物が亡くなったり、人が困ったりをすることを見続けていて、自分の無力さを感じました。

Previous
ページ 1 / 4

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。よろしくお願いします。

筆者記事一覧