その他 欧州その他

バロテッリ、ベシクタシュへ移籍?サポーターがSNSで鼓舞

マリオ・バロテッリ 写真提供:Gettyimages

 ブレシア所属の元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、トルコのベシクタシュへ移籍する可能性が高まっているようだ。イタリアの『トゥット・スポルト』が報じている。

 ベシクタシュは年俸200万ユーロ(約2.5億円)という高額なオファーを用意し、バロテッリのエージェントであるミノ・ライオラ氏とボーナスに関する話を進めているとのこと。これを耳にしたベシクタシュのサポーターはSNSで喜びを表し、夢の移籍が実現するように「ComeToBesiktas(ベシクタシュに来い)」というハッシュタグを用いてバロテッリに多くのメッセージを送っている。

 なお、昨季トルコ・スュペル・リグで3位となったベシクタシュだが、2位のトラブゾンスポルがFFP(ファイナンシャル・フェアプレー)違反により欧州大会出場権を失ったため、来季UEFAチャンピオンズリーグには2次予選から出場することが決まっている。

 ここではバロテッリのマンチェスター・シティ時代(2010-2013)ベストシーンを振り返ろう。(表示されない場合はこちら

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧