プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド

鳴かず飛ばずだったけど…マンU退団後、輝きを放つ5選手

写真提供: Gettyimages

アレックス・ファーガソン氏の長期政権により、繁栄を極めたマンチェスター・ユナイテッド。人気、実力ともに世界最高峰のクラブへと上り詰めた。

しかし、ファーガソン氏勇退以降は現在に至るまで低迷。オーレ・グンナー・スールシャール監督の就任以降、少しづつ勢いを取り戻しつつあるが、かつての姿には程遠い。

ユナイテッドはファーガソ氏勇退以降、有望な選手を獲得し続けた。しかし、クラブでは活躍できずに退団し、移籍先で輝きを放った選手が少なくない。今回は、そんな5人の選手をご紹介する。


写真提供:Gettyimages

ラダメル・ファルカオ

アトレティコ・マドリード、モナコで印象的な活躍を見せ、鳴り物入りでユナイテッドに加入したファルカオ。アトレティコやモナコでゴールを量産してきたストライカーにサポーターは期待した。

しかし、ユナイテッド加入以降は負傷の影響もあり、全くと言っていいほど活躍できず。買い取りオプション付きのローンで加入したファルカオだが、はその権利を行使しないことを発表した。

翌シーズンもチェルシーで活躍できなかったファルカオは、モナコへレンタルバック。すると、プレミアリーグでの不振ぶりが嘘かのようにゴールを重ね、中心選手として活躍。今シーズンからはガラタサライでプレーする。


写真提供:Gettyimages

ウィルフレッド・ザハ

クリスタル・パレス下部組織出身のザハは2010年にトップチームデビュー。着実に出場機会を得て、2013年にユナイテッドに加入した。

ただ、ユナイテッドに移籍したものの、在籍した2シーズンはそのどちらもレンタル先でプレー。ユナイテッドの選手として出場した試合は片手で数えられるほどにとどまった。

そのザハは2015年にクリスタル・パレスに復帰。復帰以降はチームの絶対的なストライカーとして君臨している。ビッグクラブへの移籍が噂されているが、今シーズンもパレスでのプレーが決まった。


Previous
ページ 1 / 2