リーガ セリエA

Cロナウド、史上初となるCL10試合連続得点をマーク。今季はすでに9試合で14ゴール

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがチャンピオンズリーグ(CL)の舞台で新記録を打ち立てたようだ。4日、イギリスメディア『SPORT BIBLE』が伝えている。

 クリスティアーノ・ロナウドは日本時間4日未明に行われたCL準々決勝1stレグ・ユベントス戦で2得点を挙げているが、CLにおいて昨季の決勝・ユベントス戦から10試合連続ゴールという偉業を成し遂げている。また、同選手は今季のCLの舞台で9試合で先発フル出場を果たし、14ゴールをマーク。今年2月に33歳を迎えたにも関わらず、未だに衰え知らずのパフォーマンスを見せている。

 敵地アリアンツ・スタジアムでもファンに強烈なインパクトを与えたクリスティアーノ・ロナウドだが、自身のゴールによりチームの準決勝進出を一気に手繰り寄せた格好だ。果たして同選手はホーム開催の2ndレグでもネットを揺らし、自身の持つ記録を更に更新することはできるのだろうか。