【F1】今季のリーグMVPはこの中に! Fリーグがベストファイブ対象15選手を発表、無敗1位の名古屋から最多6人が選出!

FutsalX

2016年8月15日にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリ問わずフットサル情報を発信している。 http://futsalx.com

Fリーグは12日、Fリーグ2018/2019ディビジョン1表彰式に向けて、ベストファイブ対象選手を発表した。15選手のうち、レギュラーシーズン1位になった名古屋オーシャンズから最多となる6選手がノミネートしている。
また、今季25得点を挙げて日本人得点王になったヴォスクオーレ仙台のFP堀内迪弥、プレーオフ進出圏内の2位となり、得点ランクでも2位の大阪FPアルトゥール、日本代表FP加藤未渚実、シーズン途中に加入して立川・府中アスレティックFCを3位に導いたFPジョーらが選出されている。

Fリーグベストファイブ・ノミネート選手は、Fリーグ登録選手(今シーズンのリーグ戦において 16 試合以上の出場登録がなされた選手)、Fリーグ11クラブ監督、Fリーグマッチコミッショナーならびに報道関係者の皆様の投票により選出された。このなかからFリーグ 2018/2019 ディビジョン1 表彰式にてMVP受賞者が発表される。
以下、ベストファイブ ノミネート選手
▼GK
ピレス・イゴール(町田)
篠田 龍馬(名古屋)
フィウーザ(湘南)
▼FP
吉川 智貴(名古屋)
ヴァルチーニョ(名古屋)
アルトゥール(大阪)
加藤 未渚実(大阪)
ペピータ(名古屋)
ルイジーニョ(名古屋)
西谷 良介(名古屋)
ジョー(立川・府中)
田村 龍太郎(大分)
室田 祐希(町田)
森岡 薫 (町田)
堀内 迪弥 (仙台)