【F1】仙台がスペイン2部から逆輸入補強! FP柴田孝平の4季ぶり加入を発表「成長した姿を見せられるように」

FutsalX

2016年8月15日にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリ問わずフットサル情報を発信している。 http://futsalx.com

写真提供:ヴォスクオーレ仙台

ヴォスクオーレ仙台は11日、クラブの公式HPでスペイン2部リーグのノイア・ポルタス・アポストリから、FP柴田孝平が加入することをクラブの公式HPで発表した。

柴田は宮城県富谷市出身で、BANFF SENDAIに所属しながら特別指定選手として2014/2015シーズンには仙台でプレーしており、日本代表GK檜山昇吾やFP植松晃都らとともにFリーグU-23選抜にも選出されていた(※当時の登録は藤巻孝平)。2015/2016シーズンは名古屋サテライトに所属し、その後、海外にわたっていた。

なお、柴田は国際移籍手続き完了後、Fリーグ登録申請が行われる。

クラブを通じて柴田は、下記のコメントを発表している。
「今シーズンから4シーズンぶりに地元仙台でプレーさせてもらうことになりました、柴田孝平(藤巻)です。
まずこの移籍に携わってくれた方々に感謝します。
日本でのシーズンも3シーズンぶりなので、とても楽しみな気持ちでいっぱいです。
成長した姿を見せられるように全力でプレーするとともに、どんな時も貪欲に勝利を目指して闘い、チームに貢献出来るように頑張ります。
応援よろしくお願いします。」

以下、クラブ発表の選手プロフィール
●柴田孝平
しばた こうへい
■出身
宮城県富谷市
■生年月日
1995年5月23日
■ポジション
FP ■前所属
Noia Portus Apostoli (スペイン)