Jリーグ ガンバ大阪

ガンバの悩める“至宝”宇佐美貴史~進化の鍵はフィルミーノ&アラバ

写真提供:Gettyimages

2021年4月14日、前倒しで開催された明治安田生命J1リーグ第18節のサガン鳥栖VSガンバ大阪。決勝点を挙げたG大阪FW宇佐美貴史は、悩み苦しみながらも掴んだチームの今季初得点にして初勝利の喜びを言葉にしていた。

昨季のG大阪は優勝した川崎フロンターレに独走を許したものの、リーグでも天皇杯でも準優勝。近年は無冠が続くだけでなく、終盤までJ1残留争いに巻き込まれることが常態化していたチームにとっては躍進したシーズンだった。

しかし、エースとして期待された宇佐美は30試合(先発26)に出場しながら僅か6ゴールに終わった。ただ、蒼黒のエースはG大阪に復帰した2019年夏以降、FWとしてだけでプレーしていたわけではない。ポジション的にも役割的にもである。

弾道が鋭く球筋の速いミドルレンジからのシュート、ワンステップでも局面を劇的に変えるサイドチェンジのようなクロスボールやロングキック、アンドレス・イニエスタのような小股で内股の素早いターン、緩急自在で多彩なフェイントも兼ね備えるドリブルなどなど、宇佐美のプレーからは「柔」も「剛」も感じさせられる。

宇佐美貴史の出場記録

「宇佐美のポテンシャルを最大限発揮できるポジションはどこなのか?」

2トップの1角、1トップ(ゼロトップ)、トップ下、ウイング、サイドMF、インサイドMF…。サテライトの試合なども含めるとボランチでプレーする姿も観てきたが、その溢れんばかりの才能を活かす最適解は見つかっていない。それだけに5月に29歳を迎える現在も、「ポテンシャルを発揮できていない」未完の大器であるイメージが残る。

Previous
ページ 1 / 3

名前:新垣博之
趣味:パン屋巡り
好きなチーム:伊賀FCくノ一三重、ブンデスリーガ全般

創設当初からのJリ-グファンで、海外サッカーはアーセナルの無冠時代を堪能。現在は女子サッカーやJFLを取材し、ブンデスリーガの記事も寄稿する球技ライター。コロナ禍以降は自宅近くを自転車で散策する機会が多くなり、パン屋巡りが趣味になりました。

筆者記事一覧