プレミアリーグ トッテナム

ケインとソン・フンミン不在の影響はどれくらい?成績を比較

写真提供: Gettyimages

イングランド代表FWハリー・ケインと韓国代表FWソン・フンミン。2人のエースを欠いているのがトッテナム・ホットスパーだ。両選手がいない影響もあってか、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ではライプツィヒに敗れてしまった。

2人のエース不在は、どれほどの影響をチームに与えているのだろうか。今回は『planetfootball』が特集した、ケインとソン・フンミン不在時と先発時の成績比較をご紹介する。


写真提供:GettyImages

ケインとソン・フンミン先発時

試合数:42
成績:22勝5分15敗

勝率:52.4%
敗戦率:35.7%

得点:83
失点:60

1試合平均勝ち点:1.6
1試合平均得点:1.9
1試合平均失点:1.4


写真提供: Gettyimages

ケインとソン・フンミン不在時

試合数:15
成績:2勝5分8敗

勝率:13.3%
敗戦率:53.3%

得点:17
失点:24

1試合平均勝ち点:0.7
1試合平均得点:1.1
1試合平均失点:1.6

数字が示しているように、トッテナムの勝率や平均得点は、ケインとソン・フンミン不在時に大きく悪化している。多くの人が予想した結果と言えるだろう。両選手の復帰時期によって、今シーズンの成績が大きく変わってくるはずだ。