プレミアリーグ チェルシー

チェルシー監督ランパードが、今シーズン中に解任される3つの理由

写真提供: Gettyimages

フランク・ランパードがチェルシーに監督として復帰することが発表され、サポーターは興奮しただろう。ただ、それと同じくらい監督就任に懐疑的だった層もいるはずだ。

その疑いは疑いで終わらないかもしれない。決して計画通りだったとは言えないプレシーズンを終え、開幕以降も白星なし。補強が行えない状況にあるとはいえ、サポーターからの不満も日に日に増している。今回は『Sportskeeda』が特集した、ランパード監督が今シーズン中に解任される3つの理由をご紹介する。


写真提供: Gettyimages

経験の欠如

チェルシーの役員会は、どのような意図でチャンピオンシップでの経験しかないランパード監督を招聘したのだろうか。彼が伝説的なクラブOBであるという理由以外見当たらない。

懐古主義的な思考が、アブラモビッチ会長の判断を鈍らせたのだろうか。昨シーズンよりも戦力弾が見込まれる中で、実績も手腕も評価しがたい監督を招聘した意図は不明だ。

もちろんランパード監督が指揮したダービーは印象的だった。ハリー・ウィルソンやメイソン・マウントといった次世代のスターも誕生した。ただ、2部クラブから世界最大級のクラブに行くのは簡単なことではない。

これまでに指揮を執ったジョゼ・モウリーニョやアントニオ・コンテ、マウリツィオ・サッリと比較すると、実力と経験不足感は否めない。


Previous
ページ 1 / 2