【中嶋脩太郎のブラジル奮闘記】ブラジルで1シーズン半過ごして感じたこと① 日本とブラジルのスピードの違い

FutsalX

2016年8月15日にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリ問わずフットサル情報を発信している。 http://futsalx.com

僕がブラジルでプレーし始めて、もうすぐ2シーズンが経ちます。その中で感じたことを、今回から何回かに分けて、書いていきたいと思います。

個人的に感じていることは、4つあります!!

・ブラジルと日本の速さの違い
・それに伴う技術面
・個人戦術の高さ
・最終的になにが大事なのか?

今日は 「ブラジルと日本の速さの違い」 について書きたいと思います。

一番最初にブラジルでプレーしたときは、もう本当に一つひとつのプレーが速くて、ついて行くのがやっとでした。だけど、少しずつ慣れていくにつれて感じていったのは『これ、そこまで速くないんじゃないのか?』ということです。

いや、確かにスピードは速いんです。だけど、日本との速さの違いは「プレーのスピード」ではなくて「決断のスピード」にあるんです。もちろんトップスピードのとき、ブラジルもプレーのスピードは、とんでもないものがありますよ(笑)? だけど、「プレーのスピード」よりも、「決断のスピード」がダントツで早いなと感じます。
○パスを決めるスピード
○シュートと決断するスピード
○ここに動こうと決断するスピード
多分、ブラジル人選手がFリーグで点を取れるのは そこに理由があるんじゃないかな?って、個人的に思います。

フウガドールすみだのガリンシャも言っていたんですけど、多分、プレースピードの速さでいったら日本の方が速いと思います。

これは次回に詳しく書こうと思いますが、決断のスピードが上がると技術的なミスも圧倒的に減ります。なのでスピードが早くてついて行けないとかで悩んでいる方は、決断するスピードをあげたらいいと思います。

それに伴って大事なのが「正しい決断をする」ということです。

もちろんフットサルに正解などありませんが、さまざまな状況に応じて打開できるパターンを自分で持っておくのもいいかもしれません。それを持っていると「決断」ということをせずにプレーできるようになります!

うまくまとめられず、すみません…。 僕の言いたいことは、伝わっていますか?
今回、伝えたかったことは「決断のスピード」の重要性でした!
次回は「速さの違いに伴う技術面」について書きたいと思います!
何か質問やこれ書いて欲しい!って言うのが あったらどんどんリプやDMください!
Facebook→中嶋脩太郎
Instagram→@syu19futsal
Twitter→@syu19futsal

ではまた!! 最後まで読んでくださりありがとうございました!

[プロフィール]
●中嶋脩太郎
■生年月日
1998年12月10日(19歳)
■身長/体重
193cm/72kg
■ポジション
フィクソ/アラ
■契約メーカー
PENALTYジャパン、PENALTYBRASIL
■所属クラブ歴
2005~2010 AMIGO/FUTSAL
2011~2013 RDU15
2014~2016 RAD FUTSAL CLUB NAGASAKI U18、エスタジ佐世保
バルドラールRAD参加
2017~現在 インテリ・パライソ
■選抜歴
長崎県フットサル選抜(2015年に全国大会出場)、U-18長崎県フットサル選抜