【日本代表】欧州遠征初戦のドイツ戦はスコアレスドロー、第2戦は26日に

FutsalX

2016年8月15日にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリ問わずフットサル情報を発信している。 http://futsalx.com

[10.24 国際親善試合 日本 0-0 ドイツ デュッセルドルフ]
欧州遠征を行っている日本代表は24日、デュッセルドルフでドイツ代表と対戦した。試合は非公開で行われたが、選手たちがSNSを通じて試合が0-0で終了したことを報告している。

FP皆本晃とFP星翔太は、ともに勝たなければいけない試合と、ノーゴールに終わった一戦を振り返った。今回の遠征では、日本代表の中で最も個人の力でゴールを奪えるFP森岡薫が負傷により不在となっている。流れの中でチャンスをつくれず、得点が挙げられないというのは、以前から抱えているチームのウィークポイントだ。今回の遠征を機に、日本は次のステップに行くために必要な、集団でゴールに迫る形や連動した攻撃の形を見出すことができるか。

今後、日本代表は26日にドイツ代表との第2戦を行い、ポルトガルに移動。30日、31日には欧州王者のポルトガル代表との2連戦を控えている。ポルトガル戦には欧州組のFP逸見勝利ラファエル(ベンフィカ)とFP清水和也(エルポソ)も合流予定であり、代表でアピールが必要な選手たちはポルトガル戦での出場時間をつかむためにも、ドイツとの第2戦での活躍が求められる。