Jリーグ ファジアーノ岡山

ピッチサイドリポーター加戸英佳さん【特別インタビュー】後編「岡山とJ2の楽しみ方」

フリーアナウンサー加戸英佳さん(左)妹の加戸由佳選手(右)

Jリーグ中継『DAZN』でピッチサイドレポーターを担当する岡山県在住のフリーアナウンサー・加戸英佳さんのインタビュー。

「夢だった」リポーターのお仕事についてのお話を伺った「前編」に続き、「後編」ではファジアーノ岡山(以下、ファジ)への想いを伺い、J2の楽しみ方まで考えてもらいました。加戸さんによる「マイ・ファジ・ベスト11」の取材経験に基づいた選出理由は必読!(取材・文・写真:新垣 博之)


加戸英佳さんが「ホーム」ファジアーノ岡山のベスト11を選出 撮影:筆者

加戸英佳さんが選んだファジアーノ岡山ベスト11

GK:一森 純(現・ガンバ大阪)

DF:加地 亮(解説者、元日本代表でG大阪や岡山などでプレー)

DF:片山 瑛一(現・清水エスパルス)

DF:井上 黎生人(現・岡山)

DF:徳元 悠平(現・岡山)

MF:白井 永地(現・岡山)

MF:塚川 孝輝(現・川崎フロンターレ)

MF:上田 康太(現・栃木SC)

MF:仲間 隼斗(現・柏レイソル)

FW:豊川 雄太(現・セレッソ大阪)

FW:上門 知樹(現・岡山)


「最初に好きになった選手」加地亮さんとの2ショット 写真提供:加戸英佳さん

最初に好きになった選手

―今回の取材にあたって事前にお題を設けていました。お願いします。

「題して、『マイ・ファジ・ベスト11』です。選考に凄く悩んだんですよ。対象は私がリポーターになった2017年以降にファジでプレーされて、私自身が取材した選手です。手作り感満載ですが(笑)」

―興味深いベスト11です。最初に選んだのは?

「加地さんですね。私はファジがまだJリーグに昇格していなかった頃はガンバの試合をよく観ていたんです。その中で加地さんは最初に好きになった選手なので特別な存在です。加地さんが引退した最後の年にリポーターとして入って、2試合だけでしたがホームゲームの担当もさせてもらったので嬉しかったですね。

緊張もあるんですが、私は好きな選手を離れて見ていたいと思うタイプなんですね。それでも最後のファンサービスの時にはサポーターさんの列に一緒に並んで、初めて写真を撮ってもらいました。良い思い出です。

それに顔も覚えていただいていて、今でも民放局さんの解説で来場される際はご挨拶してくださいます。本当に良い人だなって思いますね」

―緊張と言えば、代表経験のある解説者の方々と組む試合などは緊張しないのですか?

「ファジでもプレーされていた元日本代表の岩政大樹さん(元鹿島アントラーズなど)が解説を担当された試合もあって、その試合がチャリティマッチも組まれていた日でした。その日は播戸竜二さん(元日本代表、G大阪などでプレー)始め、“テレビの中にいる人たち”ばかりだったので緊張しましたね(笑)」

―ベスト11の話に戻ります。GKは一森選手ですね。

「彼はレノファ山口でJFL時代からプレーしていて、仕事と両立しながらサッカーでも頑張ってきた選手です。そういう苦労も知っている選手なので、生活もサッカーのために一貫しているストイックな姿勢も取材を通して感じさせてくれた選手です。足下も上手くてシュートストップも抜群なので、東口順昭選手の牙城は高いんですが、J1での活躍を観たいですね。ベスト11はGKの選出が1番悩みました」

―そして仲間選手や塚川選手、豊川選手、片山選手と現在J1で活躍する選手が入ってますね。

「仲間選手はファジが上位争い(最終順位J2・9位)をした2019年のシーズンを牽引してくれた選手ですね。自身で15ゴールを挙げた以上に、ドリブル突破で何度もチャンスを作れる彼の存在は大きかったと思います。

豊川選手はファジでは最初途中出場が多かったんですね。2016年のプレーオフ準決勝では途中出場で赤嶺真吾選手へ頭でアシストして、ベルギーでは最終節に途中出場で3ゴール1アシストと大活躍し、チームの残留に貢献しました。出場時間が短くてもチームに貢献できることが凄いですよね!今年はセレッソで今のところ全てスタメン出場なのでゴール量産を期待しています。

塚川選手はあのJ最強の川崎で錚々たるメンバーの中で普通にプレーしてる姿を観ている時、泣きそうになりました。『似合ってる~』って(笑)。

片山選手はもともとFWの選手でしたがDFにコンバートされて適応力も高い選手です。本来はSBの選手ですが、どうしても入れたくて。セレッソでも活躍し、今年はミゲル・アンヘル・ロティーナ監督と共にエスパルスに移籍しているので、信頼の厚さも感じます。今は怪我で離脱していますが、復帰したらさらに活躍してもらいたいです」

―では、取材対応が良い選手と言えば?

「上田選手ですね。パスだけじゃなくて気も配れる選手なんです。左足のFKは芸術的で何度魅力されたことか!今のファジは縦パスをズバッと刺せる選手が少ないので、今のチームに欲しいタイプの選手という意味でも選出しました。移籍したのはショックでした。

それから、白井選手は両ゴール前や中央・サイドと、どこにでも顔を出せる運動量が多い選手で、ファジサポさんからも、『いったい白井選手は何人いるの?』って言われています。ずっと走り回っているのに、今年はフルタイム出場中です。私も取材した際に、『白井選手って何人いるんですか?』と伺うと、『3人くらいですね』と返してくれるお茶目な一面もあるんです(笑)」

―そうするとベスト11のフォーメーションは[4-4-2]ではなく?

「[4-6-2]です(笑)」

―そして、現在も岡山でプレーされている選手が白井選手含めて4選手入っていますね。

「左SBの徳元選手は左利きでクロスの精度も良いですし、試合状況を見て判断しながらプレーできる選手でもあるので試合でずっと出ていてほしい選手ですね。時間を使ったり作ったりできるクレバーな選手です。

上門選手は今年もJ2第5節のモンテディオ山形戦や第7節の愛媛FC戦でスーパーなミドルシュートを決めたようなキック力が凄まじい選手です。取材していて知ったんですがシュートを蹴る時の足の使い方が他の選手とちょっと違うんですよね。彼をフリーにすると相手チームは怖いはずなので、長くプレーして欲しい選手ですね。

そして、今年鳥取から加入したCBの井上選手なんですが、彼は絶対にJ1に行くと思います。今のファジは失点は少ないんですが、押し込まれる場面は少なくないんですね。シュートを撃たれる場面も最後の最後に詰めてるのは、いつも井上選手なんです。ヘディングも強いですし、彼は今後どんどんステップアップしていく選手だと思います。できればファジと一緒J1にあがってほしいですけど、注目の選手ですよ!」

Previous
ページ 1 / 3

名前:新垣博之
趣味:パン屋巡り
好きなチーム:伊賀FCくノ一三重、ブンデスリーガ全般

創設当初からのJリ-グファンで、海外サッカーはアーセナルの無冠時代を堪能。現在は女子サッカーやJFLを取材し、ブンデスリーガの記事も寄稿する球技ライター。コロナ禍以降は自宅近くを自転車で散策する機会が多くなり、パン屋巡りが趣味になりました。

筆者記事一覧