セリエA ジェノア

ジェノアで大事件。ナポリ戦後に14人が新型コロナウイルス陽性

ジェノアのゴラン・パンデフ 写真提供: Gettyimages

 現地時間9月27日にナポリと対戦し、6-0で敗北したジェノアから深刻な問題が発覚した。同試合後に行われたPCR検査で選手やスタッフ計14人に新型コロナウイルス陽性反応が出たようだ。伊メディア『コッリエーレ・デロ・スポルト』が報じている。

 ナポリ戦の前には2回PCR検査が行われ、陽性反応を示したのはGKのマッティア・ペリンのみだったが、試合後には新たに13人の感染者が確認されたようだ。

 この問題により、ナポリそして9月20日にジェノアと対戦したクロトーネにも感染者が増加することが推測されている。

 なお、ジェノアは10月3日にトリノとの対戦を迎えているが、この一戦は延期になる可能性が極めて高くなっており、セリエA2020/21シーズンの対戦スケジュールは現在より過酷なものとなるだろう。

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧