セリエA ユベントス

元ユーベFWマンジュキッチ、まもなくロコモティフ・モスクワへ移籍

マリオ・マンジュキッチ 写真提供: Gettyimages

 元ユベントスのクロアチア人FWマリオ・マンジュキッチが、ロシアのロコモティフ・モスクワへ移籍する可能性が高まっているようだ。伊メディア『コリエーレ・デロ・スポルト』が報じている。

 同メディアによると、ロコモティフはアタランタにMFのアレクセイ・ミランチュクを売却し、攻撃陣を強化するためにマンジュキッチとコンタクトをとっている模様。交渉はスムースに進み、残っているのは契約の細かいオプションの話のみとなっているようだ。

 なお、マンジュキッチは2019年12月にユベントスを離れ、カタールのアル・ドゥハイルに移籍した。しかしわずか6ヶ月後に同クラブを退団し、現在フリーとなっている。

 ロコモティフはロシアサッカー・プレミアリーグ2019/20シーズンを2位で終え、今季チャンピオンズリーグ(CL)出場が決まっている。マンジュキッチの加入が決定すれば、ヨーロッパの大舞台で同選手のプレーを再び見ることとなるだろう。

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

14年前に来日したイタリア人です。フットボール・トライブ設立メンバーの1人。6歳の時に初めてミランの練習に連れて行ってもらい、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターに。アビスパ福岡でファビオ・ペッキア監督の通訳も務めた経験があります。

筆者記事一覧