その他

C・ロナウドが2010年代に達成した異次元の記録6選!

写真提供: Gettyimages

間もなく終わりを迎えようとしている2019年。2010年代が終わり、2020年がすぐそこに迫っている。この10年サッカー界では多くのドラマが起こってきたが、主役の1人と言えるのがクリスティアーノ・ロナウドだ。

2010年から2019年の終わりまで、C・ロナウドは世界の最前線で驚異的な活躍を見せてきた。結果として、常人には到達不可能な記録も数多く生み出している。今回は、C・ロナウドが2010年代に達成した異次元の記録10選をご紹介する。


写真提供:Gettyimages

CL最多ゴール記録

C・ロナウドの名前を聞いたとき、リーグ戦よりもチャンピオンズリーグ(CL)の舞台での活躍を頭に浮かべる人は多いだろう。同選手は世界最高の舞台で、対戦相手を恐怖に陥れてきた。

そんなC・ロナウドはこれまでにCL通算167試合に出場し、129ゴールを記録している。これはCL史上最多ゴール記録だ。2位には、同じく2010年代の主役であるメッシが114ゴールで背中を追いかけている。超ハイレベルな争いの決着はどうなるだろうか。

6季連続50ゴール超え

C・ロナウドはキャリアを重ねるとともに、圧倒的な得点能力を手にした。史上最高のゴールスコアラーという評価を否定できる人はいないだろ。

そんな、C・ロナウドはレアル・マドリードに在籍していた2010年~2016年の間に6シーズン連続50ゴールというとんでもない記録を打ち立てている。メッシですら50ゴール超えは3シーズン連続が最長だ。


写真提供:Gettyimages

プレミア、リーガ、セリエAを制覇

昨夏の移籍市場でユベントスに電撃移籍を果たしたC・ロナウド。1年目から20ゴール以上を記録し、クラブの8連覇に貢献した。これにより、同選手は史上初めてプレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエAのリーグタイトルを獲得した選手となった。

CL最多勝利

2018年4月に行われたCLバイエルン・ミュンヘン戦に3-0で勝利したユベントス。この試合に先発出場したC・ロナウドは、自身CL通算99勝目を記録。イケル・カシージャスの記録を破り、CL史上最多勝利記録を更新した。


写真提供:Gettyimages

UEFAタイトル最多獲得選手

2016年にキャプテンとしてポルトガル代表をEURO優勝に導いたC・ロナウドは、今夏に行われたUEFAネーションズリーグでも再びリーダーシップを発揮。母国に新たな栄誉をもたらしている。

そんなC・ロナウドは、現在最も多くのUEFAタイトルを獲得している選手だ。CL5回、UEFAスーパーカップ3回、EURO1回、UEFAネーションズリーグ1回の計10タイトルを獲得している。まさにヨーロッパの王だ。

異なる2クラブで…

最後にご紹介する記録は、C・ロナウド以外に達成できる選手がいないかもしれない記録だ。それは、異なる2つのクラブで獲得可能なすべてのタイトルを獲得するというもの。それも、チームタイトルだけでなく、個人タイトルもだ。

C・ロナウドはマンチェスター・ユナイテッド時代とレアル・マドリード時代に、CL、リーグ戦、国内カップ戦、国内スーパーカップ、クラブワールドカップ、バロンドール、世界最優秀選手、ゴールデンブーツを総なめにしている。

この記録に唯一近づいた選手が、現在はマドリードで指揮を執るジネディーヌ・ジダンだ。今後、この記録を達成できる選手は現れるだろうか。