CL/EL リーグアン

PSGはCL優勝に向けて進化。しかし、ネイマールが戻ったら…

写真提供: Gettyimages

フランス国内、パリーサンジェルマンは大規模な金銭的なサポートを受けてからずっと最強のチームと呼ばれているイメージがある。しかし、この数年のPSGは「チーム」という感じが全くしなかった。フランスの王者は各選手の個人の技術で良い結果を出している印象が強い。

しかし、今年のPSGは違う。彼らのパフォーマンスは安定したパフォーマンスという感じがしませんか?チームに一体感があることが全ての選手から伝わっている。強くてわがままだった選手がやっと纏まったイメージ。

写真提供: Gettyimages

PSGの安定感は結果にも現れている

今のPSGは異常にバランスのいいチーム。前からあった攻撃の強さに、ちゃんとした戦略が加わった。すべての選手の役割は明確になっていて、一人一人のプレーがチームのためにある事がわかる。

この新しいシステムはすでに結果に繋がっている。今シーズンPSGは16試合中11試合がクリーンシート。しかもこのクリーンシートの試合の数には今年のCLの試合も入っている。3試合でシュートを1本しか打たれてない!前シーズンまでのPSGでは考えられないことです。

しかし、PSGは守備的なチームになったわけではない。トゥヘル監督は戦術の細かいところまで気にしていて、目の前にある試合にぴったりに合わせた最強の11人を選ぶ。そのおかげで、全てのピッチのエリアで完璧な対応ができるようになりつつ、フォワードの得意ところがより良く生かされている印象が強い。

写真提供: Gettyimages

ムバッペの成長もチームのパフォーマンスにつながっている

もちろん、PSGの強さは所属している天才が溢れている選手たちの実力にもある。特にムバッペの成長はこのチームの大きな武器になっている。

まだ21歳にもなっていないのに、ムバッペはすでにCLで17得点。クローゼやビジャなど、国際的で強いフォワードよりすでに多く得点を決めている。そして、彼のように、22歳以下でありながら、CLで15ゴール以上を稼いだ選手はメッシのみです。こういったことだけでムバッペの凄さが伝わる。

彼は現在、チームとの連携に異常に成長していて、狭いスペースでのコンビネーションや縦の動きは前より有効になっている。もちろん、今まで通り1人でスピードに乗って相手を仕掛ける時は誰にも止められない。

写真提供: Gettyimages

PSGはCLにも戦えるようになった。しかし、ネイマールが…

PSGはようやくCLででも活躍できるようになった気がする。もともと、PSGのような強い選手が揃っているチームなのに、3年連続ラウンド16以上には進めないということがおかしい話だった。

今のPSGならその壁を突破できるためのメンタルも身に付けたはず。トゥヘルが作り上げたこのチームはバランスのある強いチームということを実感し初めて、毎週どんどん成長し続けている。

しかし、この素晴らしいアーモニーが一人の選手のせいで壊れる可能性がある。

ネイマールが怪我から復帰したら、チームは同じ雰囲気をキープできるでしょうか?今シーズンの怪我の前にネイマールは5試合をプレーして、4得点。ネイマールほどの選手はプレーしないと大変なことになる。ずっとベンチに入れるわけにはいかない。しかし、仲間、フロント、そしてサポーターは今年の夏の出来事で彼に信用を失っている。

プレーさせないと、彼は何かをやらかす…プレーさせると、サポーターが納得にいかない…どんな選択をしても爆弾は爆発します。

PSGはそれに耐えれたら、誰にも止められないチームになっていくだろう。

名前Uccheddu Davide(ウッケッドゥ ・ダビデ)
国籍:イタリア
趣味:サッカー、アニメ、ボウリング、囲碁
好きなチーム:ACミラン、北海道コンサドーレ札幌、アビスパ福岡

はじめまして、ダビデです。
14年前に来日したイタリア人で、フットボール・トライブの設立メンバーの一人です。6歳の時におじさんは初めてミランの練習に連れてってくれて、マルディーニ、バレージ、コスタクルタに会ってからミランのサポーターになりました。アビスパ福岡でイタリア語通訳として勤めた経験もあります。日本語は母国ではないので、たくさんミスするかもしれません。しかし、自分の言葉でコンテンツを書きたいです。日本語がおかしくても面白いコンテンツ保証します。
よろしくお願いします。