リーガ レアル・マドリード

第2次政権の終わりは近い?ジダンの後任候補5選

写真提供: Gettyimages

1シーズンぶりにレアル・マドリード指揮官の座に就任したジネディーヌ・ジダン監督。チャンピオンズリーグ(CL)3連覇という輝かしい結果をクラブにもたらした監督の復帰に、大きな期待がかかった。

ただ、苦しいシーズンを過ごしたクラブの立て直しを期待されたジダン監督だが、リーグ戦ではレアル・バリャドリード、ビジャレアルに痛恨のドロー。前日行われたアウェイのパリ・サンジェルマン戦を0-3で落とすなど、シーズン序盤から苦しんでいる。

今回は『90min』が特集したジダン監督の後任候補の中から、5人の監督をピックアップしご紹介する。


写真提供: Gettyimages

グティ

現在ベシクタシュでアシスタントコーチを務めているグティは、後任候補として招聘しやすい監督の1人だ。コストもかからず、マドリードへの愛着も強い。

2013年から2018年までマドリードのユースチームを率いていたこともあり、下部組織に所属する選手については精通していると言っていいだろう。中盤の駒不足に苦しむチームの助けになることもできるだろう。

グティと同じような立場の監督にラウル・ゴンサレス氏もいる。身内から選ぶとなれば、この2人の内のどちらかになるだろう。


写真提供:Gettyimages

ジョゼ・モウリーニョ

現在『スカイ・スポーツ』のコメンテーターを務めているモウリーニョ氏だが、監督復帰の意思があることを度々公言しており、マドリードが招聘に動けば興味を示すだろう。

マンチェスター・ユナイテッド時代に評価を落としたが、ユナイテッド時代の采配も試合が退屈なだけで、結果には繋がっていた。


Previous
ページ 1 / 2