その他 ALL

ベッカムはカエルが苦手?サッカー選手の怖いもの7選

写真提供: Gettyimages

どんなに屈強な男でも、怖いものの1つや2つはあるだろう。隠していたって、心の中には恐怖を感じるものが存在する。

それはサッカー選手も同じだ。ピッチの中では無敵の存在でも、ピッチを離れれば一般人とそう大差ない。そこで今回は、サッカー選手が恐れる7つの怖いものをご紹介する。


写真提供:Gettyimages

デニス・ベルカンプ

怖いもの:飛行機

ベルカンプの飛行機嫌いは有名だ。飛行機嫌いになった理由にはいくつか説があるが、当人とってはかなり深刻な問題となっている。

「精神科にも通い始めた。飛行機に乗ったとたん、身体が動かなくなる。もちろん飛行機に乗る前の日も怖くて眠れない」と語るベルカンプ。飛行機での移動が避けられない現役当時は、相当な負担だっただろう。


写真提供:Gettyimages

ヘスス・ナバス

怖いもの:故郷を離れること

サッカー選手の中でも高いレベルでプレーしていたナバスだが、マンチェスター・シティでプレーした3年以外、故郷であるセビージャを離れたことがない。

ナバスは「子供の頃、家から一時間ぐらい離れたところで合宿をする予定だった。だけど、いきなりホームシックになってパニック状態になったんだ。 あまりにひどかったから、父さんと兄さんがすぐに迎えに来てくれたよ」と語っている。幼いころからのトラウマなのだろう。


写真提供:Gettyimages

ポール・ガスコイン

怖いもの:暗いところ

アルコール依存症と戦い続けたガスコインだが、実はもう1つ戦わないといけないものがある。彼は暗いところが怖いのだ。

「遠征先のホテルでは電気やテレビなどをつけたまま寝ていたよ。それでも落ち着かないときは、部屋の外に出て喋る相手を探していたよ。真夜中だったとしてもね」と当時のチームメイトは語っているそうだ。


Previous
ページ 1 / 2