ワールドカップ

終了間際にシャキリが逆転弾。セルビアを下したスイスが勝ち点4に

セルビア代表のアレクサンダル・ミトロビッチ 写真提供:Getty Images

 日本時間23日に行われたワールドカップロシア大会グループステージ第2節、グループEのセルビア代表対スイス代表の一戦は1-1の引き分けに終わった。

 コスタリカ戦に続く2連勝を狙うセルビアは5分、右サイドからのクロスに頭で合わせたアレクサンダル・ミトロビッチが際どいシュートを放つが、GKヤン・ゾマーにセーブされる。

 しかしその直後にも右サイドのドゥシャン・タディッチがクロスを入れ、再びゴール前の競り合いを制したミトロビッチがヘディングシュートを決めてセルビアが幸先よく先制点を奪った。

 一方初戦でブラジルと引き分けたスイスはボール支配で上回り、ジェルダン・シャキリらがゴールを狙うものの、セルビアの厚いディフェンスに行く手を阻まれる。

 30分にはシュテファン・ツバーの巧みなラストパスから、ゴール前に抜け出したブレリム・ジェマイリが至近距離からシュートを放つが、GKのブラディミル・ストイコビッチが好セーブを見せた。

 前半終了間際にはセルビアがセットプレーからチャンスを迎えるなど、欧州勢同士の戦いは一進一退の攻防が続く。

 ハーフタイムにハリス・セフェロビッチに代えてマリオ・ガブラノビッチを投入し反撃を試みるスイスは52分、ペナルティエリア外からグラニト・ジャカが豪快な左足のシュートを叩き込み1-1の同点に追いついた。

 さらに57分にもシャキリの左足でカーブを掛けたシュートがポストを叩くなど、勢いに乗るスイスは逆転を目指して相手ゴールに迫る。

 両チームともに攻撃的なカードを切り2点目を目指す中、スイスは終盤にもブリール・エンボロらが惜しいシュートを放つがゴールを奪うことはできず。そのまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、カウンターから抜け出したシャキリがGKとの1対1を制し、待望の逆転ゴールを決めた。

 この結果スイスは勝ち点を4に伸ばし、セルビアは勝ち点3のままグループリーグ最終節のブラジル戦を迎える。