【F1】名古屋が2シーズン連続11度目のFリーグ優勝!! 第1戦の借りを返し、大阪に3-2の勝利!!

FutsalX

2016年8月15日にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリ問わずフットサル情報を発信している。 http://futsalx.com

[2.24 F1 プレーオフ決勝第2戦 名古屋 3-2 大阪 オーシャン]
Fリーグ・ディビジョン1は24日、プレーオフ決勝の第2戦を武田テバオーシャンアリーナで行った。前日の第1戦で3-2と勝利していた大阪は、引き分け以上の結果で優勝が決まる一戦。試合は3-2で名古屋が勝利。2試合の結果、1勝1敗となり、得失点差も同じだったため、レギュラーシーズン1位の名古屋が2シーズン連続11度目のタイトルを獲得している。

大一番に向けて、名古屋の先発はGK関口優志、FP星翔太、FPペピータ、FP吉川智貴、FP西谷良介と日本代表とブラジル代表メンバーがずらり。対する大阪はGK檜山昇吾、FP加藤未渚実、FP小曽戸允哉、FPチアゴ、FP相井忍がスターティングファイブに名を連ねた。
大阪は前日の試合で負傷したFPアルトゥールがベンチ入りしたものの、アップから動けずに、出場はできない状態だった。大阪はアルトゥールの代わりに相井をフィクソに置き、試合を進める。ハーフウェーラインまで引いて守る大阪に対し、名古屋はやや攻めあぐねる。9分にはプレスを嫌って吉川が自陣深くからボールをクリアーするなど、大阪の守備が機能した。
それでも10分、名古屋はキックインを受けたFPヴァルチーニョが右サイドからシュートを放つ。これをファーポスト前で西谷が合わせ、名古屋が1点を先制した。リードされた大阪も11分、相手からボールを奪ったFP堀米将太がドリブルで仕掛けてシュートを放ったが、右に逸れていった。
ピンチを凌いだ名古屋は12分、相手のパスをカットしカウンターを仕掛け、西谷からのパスを受けたペピータがゴールを決めてリードを2点に広げた。
名古屋は16分にも大阪の攻撃を防ぐと、こぼれ球がハーフウェーライン付近に攻め残っていたヴァルチーニョのもとへ。そこから速攻を仕掛けたが、ヴァルチーニョがルイジーニョへのパスがカットされ、追加点を挙げられない。
前半18分には、名古屋のファウルが5つを数え、次のファウルから大阪に第2PKが与えられることとなった。しかし、このまま前半は名古屋が2点のリードで終了する。

後半に入っても、名古屋は攻撃的な試合運びを見せ、チャンスを作り出す。後半8分には、リーグ戦34得点を挙げていたヴァルチーニョがカウンターからゴールを決め、リードを3点に広げた。
優勝するために3点が必要になった大阪は加藤をGKにしてパワープレーを開始。FP稲田瑞穂が鋭いシュートを放ったが、GK関口が防ぐなど得点を挙げられない。それでも17分にタイムアウトを取ると、立て続けに稲田が2点を奪い、一気に1点差に詰め寄った。
あと1点で再び優勝となる大阪は、その後もパワープレーを続け、名古屋を押し込む。残り1分半、名古屋のパワープレーが大阪ゴールに飛んだが、ボールはポストをたたく。