リーガ 移籍

ラキティッチの望む移籍先は古巣セビージャのみ?

イバン・ラキティッチ 写真提供:Gettyimages

 バルセロナのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが古巣のセビージャへの加入を希望しているようだ。7日、スペイン紙『スポルト』が伝えている。

 加入選手のや若手選手の台頭により、バルセロナの序列が下がっているラキティッチ。今冬の移籍市場でもインテルやユベントス、マンチェスター・ユナイテッドからの関心が報じられ、その去就に注目が集まっていた。そんな中、同選手はセビージャへの移籍を希望しているようだ。

 ラキティッチとバルセロナの契約を2021年6月まで。同クラブがまとまった移籍金を手にするためには今夏の移籍市場で手放すのが最良のタイミングとなるだろう。

 しかし、バルセロナはセビージャよりも高額な移籍金を提示するクラブへと売却したいと考えているとも報じられている。果たして、ラキティッチはセビージャへ移籍することはできるだろうか。