ブンデスリーガ プレミアリーグ

プレミアのクラブにおすすめ!ブンデスリーガの実力派4選手

今夏の移籍市場が始まり、すでに10日ほどが経過した。ベルギー代表FWエデン・アザールのレアル・マドリード移籍など、いくつかのビッグディールも成立している。そこで今回は、プレミアリーグのクラブにお勧めしたい、ブンデスリーガの実力派5選手をご紹介する。


アルフレズ・フィンボガソン

クラブ:アウクスブルク
獲得を勧めたいクラブ:ニューカッスル

ブンデスリーガをあまり見ない人たちから過小評価されているのがフィンボガソンだ。強さと機動力を兼ね備え、結果も残している。ここ最近はケガがちで、今シーズンはリーグ戦18試合の出場にとどまったが、それでも10ゴールを記録した。ラファエル・ベニテス監督が退任し、サロモン・ロンドンを引き抜くようなことがあれば、フィンボガソンは最適な後釜となれるだろう。


ニクラス・フュルクルク

クラブ:ハノーファー
獲得を勧めたいクラブ:ブライトン・アンド・ホーブアルビオン

2017/2018シーズンは14ゴールを挙げたフュルクルク。しかし、2018/2019はヒザの軟骨を痛めて、シーズン終盤まで復帰することができなかった。そんな彼は新シーズンからベルダー・ブレーメンに復帰する。ただ、ブレーメンにはストライカーとしての地位を築いた日本代表FW大迫勇也がいる。

そんな難しい立場にあるフュルクルクの獲得を勧めたいのがブライトン。なんとかプレミアリーグ残留を勝ち取ったが、得点力不足は深刻。ボックス内でしっかりと仕事のできるストライカーが必要だ。


Previous
ページ 1 / 2