リーガ バルセロナ

デ・リフト、去就について言及「お金じゃない」

マタイス・デ・リフト 写真提供:GettyImages

 アヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトが新天地について慎重な姿勢を見せている。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 19歳ながらアヤックスのキャプテンとして、ディフェンスリーダーとしてチャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出に大きく貢献したデ・リフト。新天地には、バルセロナへの移籍が有力されているものの、金銭を巡り交渉が難航しているとも伝えられている。

 そんなデ・リフトは自身の去就について以下のようにコメントした。

マタイス・デ・リフト

「お金は重要じゃない。大事なのはそのチームで僕が輝けるかどうかさ。これから休みに入るけど、そこで移籍ついて考え、自分の将来に向けて決断を下すよ。

バルセロナにはいい選手が多い、競争があるのは当然だし、それが普通だ。フレンキー・デ・ヨングやリオネル・メッシと一緒にプレイするのは良いことだろうけど、自分にとって最適な選択であるか見極めなければならない。

いつ決断するかはわからないけど、もう少し時間をかけるつもりだ」