リーガ

ナポリ、ハムシク後釜とすでに個人合意?

パブロ・フォルナルス 写真提供:Getty Images

 ナポリはスロバキア代表MFマレク・ハムシークの青窯として、ビジャレアルのスペイン代表MFパブロ・フォルナルスと個人合意に至ったようだ。11日、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

 移籍金支払いの問題などで交渉が中断することもあったが、ハムシークは中国超級(中国1部)大連一方への移籍が、決定的とみられている。ナポリはその後釜として、フォルナルスに接触しているようだ。

 報道によれば、ナポリはすでにフォルナルスの代理人と合意に至っており、クラブ間の交渉を残すだけのようだ。フォルナルスには3000万ユーロの契約解除条項が設定されているが、降格圏内に沈むビジャレアルは強気な姿勢を見せづらい状況にあるとみられている。