リーガ レアル・マドリード

ベイル、税金未払いで罰金を言い渡される…

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWガレス・ベイルが税金の未払いでスペイン税務局から罰金の支払いを言い渡されていることが明らかになった。スペイン紙『EL MUNDO』など複数メディアで報じられた。

近年、クリスティアーノ・ロナウドやマルセロ、ルカ・モドリッチなどスペインでプレーした経験を持つ選手たちの間で税金に関する問題が相次いで報じられてきた。

 そして、今回はベイルが税金の未払いで罰金を言い渡されたようだ。同紙によると、ベイルは2013年の肖像権に関する収入が正しく申告されていなかったとして、税務当局から追徴課税を命じられたとのこと。

 そんなベイルは未払い分の20万ユーロと罰金分の10万ユーロ、そして利息の3万7000ユーロを加えた33万7000ユーロ(約4300万円)の支払いが義務付けられている。