リーガ レアル・マドリード

盲腸で手術したイスコと右足負傷のマルセロが練習復帰!週末の試合で実践復帰も可能か

 レアル・マドリードのスペイン代表MFイスコとブラジル代表DFマルセロが練習に復帰し、今週末に行われるレバンテ戦で復帰する見込みのようだ。17日、スペイン紙『アス』が伝えている。

 先月末、急性虫垂炎(盲腸)で手術を受けたイスコ。スペイン代表招集も辞退し、復帰には約1ヶ月を要するとみられていた。

 そんなイスコがついに練習復帰を果たしたようだ。また、右足を負傷していたマルセロも練習に復帰。また、同紙によると両者ともに週末に行われるレバンテ戦に出場する見込みのようだ。

 当初イスコの復帰は28日に行われるバルセロナとのエル・クラシコであると言われてきたが、それよりも早く復帰することができそうだ。