パリ・サンジェルマン チャンピオンズリーグ

ブッフォン、出場停止にも関わらずCLリバプール戦の遠征に帯同

パリ・サンジェルマンのジャンルイジ・ブッフォン 写真提供:Getty Images

 パリ・サンジェルマン(PSG)の元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンはチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節・リバプール戦では出場停止にあるのにも関わらず、チームとともに現地入りするようだ。現地時間17日、イタリアメディア『フットボール・イタリア』がこれを伝えている。

 ブッフォンはユベントス在籍時の昨季、CL準々決勝2ndレグ・レアル・マドリード戦で試合終了間際のPKの判定に対してマイケル・オリバー主審に激昂し、そのままレッドカードを提示され退場処分となっている。またこの退場処分により、同選手は3試合の出場停止処分が科されており、グループステージ第4節以降での出場が可能となっている。

 しかしブッフォンは今回のマージ―サイドへの遠征に帯同する模様。どうやらチームの精神的支柱としての役割を担うものとみられる。

 またこの一戦ではイタリア代表MFマルコ・ベッラッティも出場停止を受けており欠場が確定しているが、同選手はブッフォンと違い、パリに残っているようだ。

 なおPSGはグループCでリバプール、ナポリ、レッドスター・ベオグラードとの対戦を控えている。周囲ではグループ突破2枠をPSG、リバプール、ナポリの3チームで争う構図が予想されているだけに、昨季CL準優勝を果たしたリバプールとの初戦で何としても勝ち点3を奪取したいところだ。