代表チーム

モイーズ、米国代表監督に興味?アメリカでもクロス祭りだ!

デイビッド・モイーズ 写真提供:Getty Images

 マンチェスター・ユナイテッドなどで指揮を執ってきたデイビッド・モイーズ氏が、アメリカ代表監督の職に前向きな姿勢を見せているようだ。16日、英紙『サン』が報じている。

 クロスなど、ダイレクトなプレーを好むモイーズ氏。2017年にウェストハム・ユナイテッドの監督に就任したが、翌年に解任され現在はフリーとなっている。そんな同氏は以下のようにコメントを残したようだ。

「誘いがあれば、アメリカ代表監督については考慮する。サッカー界の中でも大国の1つであるし、成長のためのポテンシャルは非常に大きい。国内リーグの成長も著しく、デビッド・ベッカムのチームも加わるだろう。仮に、本当にオファーがあれば非常に興味がある」とコメントを残しているようだ。

 国内でのサッカー人気が高まり、北中米の強豪として成長を遂げているアメリカ代表。しかし、ロシアワールドカップでは予選で敗退し、出場権を逃した。アメリカ再興の指揮を執るにはモイーズ氏になるかもしれない。