ALL

あのビッグネームもビッグイヤーとは無縁。CLを優勝したことがないスター選手10選

いよいよ来週からチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージが開幕する。この大舞台には数多くのタレントが集うが、過去も含めて残念ながらCLのタイトルとは無縁の選手も数多くいることは事実だ。今回はこれまでCLのタイトルを手にしたことのない有名選手を紹介する。


ロナウド

国籍:ブラジル
クラブ:PSV、バルセロナ、インテル、レアル・マドリード、ミラン

ワールドカップでは母国ブラジルを優勝に導いた元祖フェノーメノ(怪物)も、実はチャンピオンズリーグ(CL)を優勝したことはない。レアル・マドリード時代の2002/03シーズンに準決勝まで進出したものの、ユベントスに敗れている。


ロベルト・バッジョ

国籍:イタリア
クラブ:フィオレンティーナ、ユベントス、ミラン、インテル、ブレシア etc.

ユベントス、ミラン、インテルと北の3クラブを渡り歩いたイタリアの至宝は、チャンピオンズリーグでもワールドカップでも優勝することはできなかった。インテル時代の1998/99シーズンのベスト8が最高成績である。ユベントス時代の1992/93シーズンにUEFAカップを制している。


ミヒャエル・バラック

国籍:ドイツ
クラブ:レバークーゼン、バイエルン・ミュンヘン、チェルシー etc.

ドイツの皇帝フランス・ベッケンバウアーの後継者として小皇帝と呼ばれたバラックは、シルバーコレクターとしても有名だ。2002日韓ワールドカップ、EURO2008と国際大会でことごとく準優勝に終わった同選手にとって、CLも例外ではなかった。2001/02シーズンにレバークーゼンで、2007/08シーズンにチェルシーでCL決勝の舞台に立ったものの、それぞれレアル・マドリードとマンチェスター・ユナイテッドの前に涙を飲んだ。


フランチェスコ・トッティ

国籍:イタリア
クラブ:ローマ

ローマの「王子様」フランチェスコ・トッティにとって、チャンピオンズリーグ(CL)優勝は半ば「ミッション・インポッシブル」だったかもしれない。キャリアの全て25シーズンをローマで過ごしたトッティは2000/01シーズンにセリエA優勝を成し遂げた。しかし、欧州の舞台では2006/07シーズンと2007/08シーズンのベスト8が最高成績となっている。


デニス・ベルカンプ

国籍:オランダ
クラブ:アヤックス、インテル、アーセナル

極度の飛行機嫌いから「飛ばないダッチマン」の異名を持つベルカンプはCLの舞台で栄冠を掲げることはできなかった。かつて飛行機乗客中に同機体が爆破予告の対象となったことで、ベルカンプは飛行機恐怖症となった。それでも、陸移動で国際大会に出場した同選手はUEFAカップを2度優勝している。しかし、アーセナル時代の2006年にCL決勝に進出するもバルセロナに敗れビッグイヤーを獲得することはできなかった。


エルナン・クレスポ

国籍:アルゼンチン
クラブ:パルマ、インテル、チェルシー、ミラン etc.

クレスポはCL決勝で2ゴールを決めたにも関わらずビッグイヤーを掲げたことがない稀有な選手だ。インテルとチェルシーで2年連続でCL準決勝に進出したものの、どちらも敗れ、2004/05シーズンにミランの選手としてついにリバプールとの決勝の舞台に立った。ミランは前半をクレスポの2ゴールを含む3-0で折り返し、同選手はついに念願の優勝を手にするかと思われた。しかし、後半に3失点を喫したミランは、PK戦の末にリバプールに敗れている。


ローター・マテウス

国籍:ドイツ
クラブ:バイエルン・ミュンヘン、インテル etc.

ローター・マテウスは常にビッグイヤー戴冠を寸前のところで奇跡によって阻まれ続けた。チャンピオンズカップ時代である1986/87シーズンにはバイエルン・ミュンヘンに所属してポルトとの決勝を迎えた。25分にケーグルのゴールで先制したバイエルンだが、77分、80分にポルトに2ゴールを決められ逆転負けを喫している。さらには1989/90シーズンにもマンチェスター・ユナイテッド相手に奇跡を起こされた。90分まで1-0でリードする展開となるも、91分と93分に失点。ユナイテッドの奇跡のトレブル達成を眺めることとなった。


ルート・ファン・ニステルローイ

国籍:オランダ
クラブ:PSV、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリード

ファン・ニステルローイはCLでゴールを決め続けたものの、ビッグイヤーを掲げることができなかった悲運のストライカーだ。CLで56ゴールを決めた同選手は、同大会を優勝したことがない選手として歴代最多得点記録を持っている。最高成績はマンチェスター・ユナイテッド時代の2001/02シーズンのベスト4となっている。


ズラタン・イブラヒモビッチ

国籍:スウェーデン
クラブ:マルメ、アヤックス、インテル、ユベントス、バルセロナ、ミラン、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッド、LAギャラクシー

リーグ優勝請負人の異名を持つイブラヒモビッチは、これまでエールディビジ2回、セリエA6回、リーガ1回、リーグ・アン4回の優勝経験を持っている。しかしながら、CLに舞台を移すと不思議なほどに勝利の女神から見放されてきた。最高成績は2009/10シーズンで、バルセロナ時代に準決勝に進出した。しかし、前年まで在籍したインテルに敗れ、古巣の三冠達成を傍観することとなった。


ジャンルイジ・ブッフォン

国籍:イタリア
クラブ:パルマ、ユベントス、パリ・サンジェルマン

これまでワールドカップや数々のリーグ戦を制してきたブッフォンだが、CL優勝経験はまだない。ユベントスは2014/15、2016/17シーズンと決勝に勝ち進んだもののどちらもバルセロナとレアル・マドリード相手に敗れてしまった。舞台をフランスに移した今季は、果たして欧州の舞台でどこまで上り詰めるのだろうか。