プレミアリーグ リバプール

ジェラードのいとこがリバプールと契約「遂にこの日が来た」

リバプールと契約を結んだボビー・ダンカン 写真提供:Instagram @bobbyduncan

 リバプールのレジェンド、スティーブン・ジェラードの従弟であるイングランドU-17代表FWボビー・ダンカンがリバプールと契約を結んだ。4日、本人がインスタグラムで明らかにした。

 17歳のダンカンは2011年から在籍したマンチェスター・シティの下部組織を既に離れていたが、このたびリバプールが20万ポンド(約2900万円)の補償金支払いに合意したことで正式に3年契約を結んだ。

 『ユーロスポーツ』によれば、ユベントス、トッテナム、モナコといった国内外の強豪も同選手の獲得に興味を持っていたという。

 リバプールの下部組織出身ではないが、本人は子供時代からジェラードがレジェンドとして長年活躍したクラブの熱烈なファンだった。

「長い間待っていた日が遂にやって来ました。子供時代からずっと見続け、サポートし、夢見てきたクラブ!」と興奮を隠しきれない様子で、ダンカンはインスタグラムに喜びの言葉を綴っている。

 はたしてジェラードの後に続きリバプールで大活躍を見せることになるのか、若きストライカーには大きな期待が集まりそうだ。