セリエA ユベントス

ユーべ残留濃厚のピアニッチ、プレミア強豪からのオファーが明らかに

ユベントスのミラレム・ピアニッチ 写真提供:Getty Images

 ユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピアニッチはどうやらチェルシーからのオファーを拒否していたようだ。30日、イタリアメディア『フットボール・イタリア』がこれを伝えている。

 クラブと2021年まで契約期間を残しているピアニッチを巡っては、マンチェスター・シティは1億ユーロ(約131億円)を用意していると伝えられ、他クラブとの争奪戦をリードしていると伝えられていた。

 ただシティのジョゼップ・グアルディオラ監督はクラブが設けた記者会見において「ピアニッチはユベントスの選手だ。我々は彼に興味を持っていない」と語っており、同選手獲得の可能性を完全否定。また同選手も「自分のことに関して報じられていることについては気にしていない。僕が耳にすることや目にすることが正しくないことだからね」と語っており、自身の去就報道がでたらめであると強調している。

 ピアニッチ本人が「ユベントスでプレーすることは僕の幸せだ」と語っていることから、この一連の移籍報道に終止符が打たれるという見方が広まる中、今夏の移籍期間が開かれた時期にチェルシーが獲得オファーを提示していたことが明らかになっている。ただ本人がチェルシー移籍に関心を示さなかったことから、進展が見られなかったようだ。

 なおユベントスは選手が退団の意思を示した場合は、放出に向けて他クラブとの交渉を行うものの、退団の意思が無い場合は他クラブからのオファーを却下するという姿勢を貫いている。ピアニッチ本人はユベントス退団を全く考慮していないことから、今季もユベントスでプレーすることとなりそうだ。