代表チーム ポーランド代表

【TRIBE RATINGS】W杯グループステージ 日本対ポーランド:ポーランド編

大会:ロシアワールドカップ
カード:日本対ポーランド
対象チーム:ポーランド
スコア:0-1
担当者:菊池大将(@yukkenokonoko
※最高点を10、最低点を1として採点。標準的な活躍を6とする。
※出場時間が短い選手は採点なし。


ウカシュ・ファビアンスキ

採点:6.5

クロスやセットプレーに対する対応は良く、安定したセービングも見せた。


ベルトシュ・ベレジンスキ

採点:5.5

長友への対応に苦心。最終ラインを気にしすぎる場面もあった。


カミル・グリク

採点:6.0

縦につけるボールに対して、やや甘さを見せた。ただ、シュートコースはしっかりと消していた。


ヤン・ベドナレク

採点:7.0

試合序盤にくだらないロストがあったが、日本を絶望の淵に立たせる先制弾を挙げた。ビルドアップの局面でも貢献度は高かった。


アルトゥル・イェンドジェイチク

採点:5.5

クルザワが中央に位置し攻撃時には高い位置を取ったが、ほとんど攻撃面での貢献はなかった。彼が空けたスペースを上手く使われる場面も。


グジェゴシュ・クリホビアク

採点:6.0

中盤のフィルターとして多くのインターセプトを記録。ただ、もう少しタイトにディフェンスをすれば、日本はさらに困難になっただろう。


ヤツェク・ゴラルスキ

採点:6.0

中盤で強さを見せ、正確なタックルで日本を苦しめた。ただ、攻撃面での貢献度は低く、ロストする場面も。


カミル・グロシツキ

採点:6.5

カウンターの局面で強みを発揮。長友が空けたスペースを有効に使い、決定的なチャンスを演出した。


ピオトル・ジエリンスキ

採点:6.5

ここまでの2試合は消えることが多かったが、この試合では正確なプレーでカウンターの重要なファクターに。最後の部分でのプレーも正確で攻撃を支えた。


ラファウ・クルザワ

採点:6.5

攻撃面でキックの精度の高さを発揮。中央に位置することで中盤からボールを引き出し、決勝点に繋がるファールを獲得。自身が蹴ってアシストを記録した。


ロベルト・レバンドフスキ

採点:5.5

この試合でも彼の特別な才能が100%発揮されることはなかった。カウンターの起点になるなど、攻撃の中心にいたことは事実だが決定機は決めきらないといけない。