代表チーム ポーランド代表

DR.TRIBE【試合診断書】W杯グループステージ ポーランド対コロンビア

大会:ロシアワールドカップ
カード:ポーランド対コロンビア
スコア:0-3
コロンビア担当:ペペ土屋( @PPDOLPHINS
ポーランド担当:菊池大将(@yukkenokonoko
【分析内容】
・マン・オブ・ザ・マッチ(MOTM)
・ザ・ハード・ワーカー(THW)
・モースト・ディサポティング・プレーヤー(MDP)
・両チーム監督
・主審


ポーランドMOTM(マン・オブ・ザ・マッチ):対象者なし


ポーランドTHW(ザ・ハード・ワーカー):対象者なし


ポーランドMDP(モースト・ディサポインティング・プレーヤー):全員そして監督

チームとして何を目的としているかが不明確な試合だった。前線と最終ラインで守備の仕方もバラバラ。これでは3失点も納得だ。


コロンビアMOTM(マン・オブ・ザ・マッチ):ハメス・ロドリゲス

2アシストを記録する決定的な仕事をやってのけた。左サイドをスタートポジションにしていたが、基本的には前線で自由に動き回り、ボールを受けてはそのキープ力を活かしてチームのリズムを整え、キンテーロとともにファルカオにパスを供給し続けた。


コロンビアTHW(ザ・ハード・ワーカー):フアン・フェルナンド・キンテロ

アイディアあふれるパスでポーランドディフェンスを切り裂いた。2点目でパーフェクトなパスをファルカオに送り、ハメスとともに攻撃に創造性をもたらした。


コロンビアMDP(モースト・ディサポインティング・プレーヤー):対象者なし


ポーランド監督:アダム・ナバウカ

チームとしてまとまりがないまま、コロンビアの高度な戦術の前に完敗を喫した。うまくいったのは3バックでのビルドアップが機能した序盤だけ。以降はコロンビアに守備の仕方を変えられ、ビルドアップすらままならない状態がしばらく続いた。レバンドフスキ、ジエリンスキへのパスコースは遮断され、5-4-1の守備ブロックはラインが低すぎることや、中盤をかき回されたことで崩壊。5-4-1や3-4-3では通常空くことのないスペースをコロンビアに与え、何度も崩された。この内容の試合ではグループステージ敗退も納得だ。


コロンビア監督:ホセ・ペケルマン

クラブチームが行うような柔軟な戦術変更を試合中に何度も行い、ポーランドに付け入るスキを与えなかった。クアドラードを右サイド、モジカが左サイドで幅をつくるアシンメトリーな攻撃を展開。守備ではレバンドフスキにボールが入らないようにすることを基本として、2センターバックと、セントラルミッドフィールダーの1角ながら、アンカーのようにプレーしたバリオスがレバンドフスキをサンドして中央のスペースを与えず、チャンスメイカーであるジエリンスキへのパスコースはアギラールと、彼と交代で入ったウリベが消し続けた。クアドラードがリブスを完全に抑え込むことでポーランドの左サイドを無効化するとともに、カウンターから3点目をゲット。カルロス・サンチェスが出られなかったにも拘わらず、ほとんど完ぺきな試合運びで快勝。決勝トーナメント進出に望みをつないだ。


主審:セサル・アルトゥーロ・ラモス・パラスエロス

両者ともに負ければ敗退が決まる緊迫感のある試合だったものの、冷静なジャッジで流れを切らず、スムーズに試合を進行した。